ご挨拶

平素より、総合メディカルグループをお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。

 

当社グループは2018年10月1日、総合メディカルホールディングス株式会社設立に伴い、持株会社体制に移行しました。「グループ経営戦略機能と事業執行体制の強化」「戦略的パートナーの拡大」「次世代経営者の育成」を図り、グループ全体の企業価値向上と持続的成長を目指す企業として、さらなる挑戦を続けていく所存です。

よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献します

当社グループの使命は、コンサルティングをベースに「よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献する」ことです。

 

総合メディカルホールディングス株式会社の前身である総合メディカル株式会社(現100%子会社)は、1978年に医療機器のリース事業からスタートして以降、お客さまである医師や医療機関のニーズにお応えするために、医師招聘(しょうへい)・医業継承・医療連携を通じて、地域医療の活性化をお手伝いするDtoD、地域医療における課題を解決する医療モールと病院の経営支援、「みんなの健康ステーション」として全国展開する調剤薬局など、さまざまなサービスを提供してまいりました。

 

これからもお客さま第一主義に徹し、グループ社員全員の総合力で、医療のさまざまな社会的課題の解決に取り組み、「よい医療」を支え、よりよい社会づくりに貢献できるよう努力してまいります。

総合メディカルホールディングス株式会社

代表取締役社長